〜For Bridges’s Blog〜

100年以上継続するブランディングを目指して

ビジネスのヒント8_簡単マーケティング調査

f:id:Forbridges:20181005161233p:plainf:id:Forbridges:20181005161248p:plain

 前回に続いてマーケティング調査に関して書いてみます。

 市場の動向や価格帯など、基本情報として日本だと分かりきっていることであっても海外に出ると分からないのは、日本であれば普段から街歩きをしているからだと考えます。日本であれば、通勤・通学などから休みの日まで、外に出ない日はないと言って過言でないかと思われます。外に出る中で、色んなところ歩いて、見て、感じて、臭い嗅いで、必要であれば人に聞いて見たりして、色んな情報を取ることができます。

 しかしながら、初めていった海外では日本にいる時ほど歩くことができますでしょうか?殆どが車の移動になってしまうのではないでしょうか?そもそも外に出て歩くことが危険な街もありますが。。。

 

 知り合いで東南アジアに赴任している人が実践していることとして、自分の本業には関係ない部分もあっても、兎に角街歩きをしているようです。言語が通じない場合は、部下の現地語を話せるスタッフを伴って、"あれはなに?", "あれはいくら?","あれはなんであそこにぶら下がっているの?", "あれはなんであの色なの?", "あの人は誰?", "あれはどこから来たの?"と歩きながら、とにかく色んな質問をしまくるそうです。それによって、現地でのマーケット感覚が養われてくるとのことでした。

 

 思い返しますと、飲食業界に所属していた時に社長と良く出ることが多かったのですが、とにかく好奇心旺盛で色んなところを歩きまくり、そして色んなお店に入りまくって情報を何でもご自身の中に取り込んでいっていたことを思い出しました。

 

マーケティング調査には、非常に単純の結論ではありますが、
とにかく歩く!ということが必要になります。

 

 弊社では、各国の強力なPR会社と連携を保有しておりまして、マーケティング計画の立案から広告出稿だけではなく、現地での展開におけるPR業務もサポートさせて頂いております。また出稿する広告についても、各国によって利用する色のテイストが異なりますため、各国の嗜好に合わせた形でご提案をすることも可能です。もしご興味がございましたら、ご連絡を頂戴できればと存じます。<問い合わせ先

 

adbbit.com