〜For Bridges’s Blog〜

100年以上継続するブランディングを目指して

【閑話休題】インドネシアの休みについて_2022

f:id:Forbridges:20180721134953p:plainf:id:Forbridges:20180623125036p:plain

 マーケティングプランニングをする際には、カレンダーとにらめっこしながら、計画を検討する必要があるかと存じますが、今回は、インドネシアの休みについてご紹介いたします。まずは下記の2022年の祝日スケジュールをご覧ください。
インドネシアは7,000あまりの島から構成されております。また宗教もイスラム教・ヒンズー教・仏教・キリスト教と、シンガポール・マレーシアと同様に色んな宗教を信仰される方々が住んでおられます。

   1月1日(土) 元日
   2月11日(火) 旧正月
   2月28日(月) ムハマッド昇天祭
   3月3日(木)   シャカ暦(西暦78年を始めとするインドの暦)の新年
   4月15日(金) グッドフライデー
   5月1日(日) メーデー
   5月2(月), 3日(火) 断食明け大祭
   5月16日(月) 釈迦誕生日(旧暦4月8日)
   5月26日(木) キリスト昇天祭
   6月1日(水) パンチャシラの日(建国5原則を記念する日)
   7月9日(土) 犠牲祭
   7月30日(土) ヒジュラ暦(イスラム暦)の元日
   8月17日(水) インドネシア共和国独立記念日
   10月8日(土) ムハンマド生誕祭
   12月25日(日) クリスマス

 シンガポールとの比較では、やや祝日が多い印象となるかと存じます。更に、イスラム教徒が多いインドネシアでは、断食月明けの祝日前後に政令指定休日が付加されることにより、マレーシア同様1週間まるまる休みという形となっております。

 

 またこれに加えてシンガポール同様、スクールホリーデーがあります。下記の期間が学校休みとなっておりまして、特に11月からの長期休暇では、家族を大事にする国民性もあり、年に1回の家族旅行に行くことが非常に多いです。

   1. 6月15日から7月11日
           2. 12月23日から1月4日
   ※州によって異なります


 弊社では、上記の各祝日・休みでのインドネシアの方の消費行動を踏まえて、マーケティング計画を事前に立案することをお薦めしております。広告展開だけなく、マーケティングリサーチ・PRやマーケティング計画立案の代行もさせて頂いております。是非、お問い合わせくださいます様、何卒宜しくお願い申し上げます。

【閑話休題】シンガポールの休みについて_2022 - 〜For Bridges’s Blog〜
【閑話休題】マレーシアの休みについて_2022 - 〜For Bridges’s Blog〜
【閑話休題】タイの休みについて_2022 - 〜For Bridges’s Blog〜
【閑話休題】フィリピンの休みについて_2022 - 〜For Bridges’s Blog〜