〜For Bridges’s Blog〜

100年以上継続するブランディングを目指して

媒体のご紹介006:マレーシア/テレビショッピング

f:id:Forbridges:20181012224755p:plainf:id:Forbridges:20181012224813p:plain

 今回はメディアのご紹介です。以前、マレーシア(テレビ)編で取り上げさせて頂いたASTRO社のテレビショッピングについてです。

blog.forbridges.co.jp

 

◆ASTRO社について

 アストロは1996年に有料多チャンネル放送局と設立され、その放送を開始しております。現在では、マレーシア全土で、2,300万人・550万世帯をカバーしており、テレビだけではなく、ラジオやオンライン放送など、その事業分野を拡大しております。それ以外には、各種タブレットスマートフォンから視聴できるプリペイドのプログラムも運営しており、このプログラムはASEANの4カ国で310万人が利用しているサービスとなっております。テレビ以外の分野では、11チャネルのラジオチャネルを保有しており、マレーシアの4つのキー言語(マレー語、英語、中国語、タミル語)の放送で、マレーシア国内の1,650万人/週の聴衆を魅了しております。

 

◆テレビショッピング

 マレーシアの公用語はマレー語となっておりますが多民族国家でありますため、使用言語はマレー語以外に、中国語・英語・タミル語が使われております。3,300万人いる全国民が理解できるのはマレー語となっておりますため、ASTROではテレビショッピングチャネルだけで3チャンネル保有しておりますが、そのうち2チャンネルはマレー語での放送。残りの1チャンネルが富裕層が多い中華系マレーシア人を対象とした中国語の放送となっております。そしてASTROでは、1商品に対して60分のテレビ番組の作成を請け負い、撮影した番組をテレビおよびネットで配信することを可能としております。

 

◆e-commerce

 デジタル領域においては、月間ユニークユーザー数690万人を誇るエンタメ系のポータルサイト保有しております。アストロのマルチプラットフォームのリーチは、マーケティング担当者のニーズに対応するユニークで魅力的な統合広告の提案をしております。これらの大きな視聴者のバックグラウンドを活かして、 ”Go Shop”と呼ばれるeコマースプラットフォームも持っており、マレーシアとシンガポールに130万人の登録ユーザーを抱えており、前述のテレビを含めて、オンライン・モバイルの各プラットフォームを統合した形で運営されています。

www.goshop.com.my

 

 弊社では、各国の強力なPR会社と連携を保有しておりまして、マーケティング計画の立案から広告出稿だけではなく、現地での展開におけるPR業務もサポートさせて頂いております。また出稿する広告についても、各国によって利用する色のテイストが異なりますため、各国の嗜好に合わせた形でご提案をすることも可能です。もしご興味がございましたら、ご連絡を頂戴できればと存じます。<問い合わせ先>

 

adbbit.com