〜For Bridges’s Blog〜

100年以上継続するブランディングを目指して

【閑話休題】フィリピンの休みについて

f:id:Forbridges:20180725205318p:plainf:id:Forbridges:20180709173402p:plain

 マーケティングプランニングをする際には、カレンダーとにらめっこしながら、計画を検討する必要があるかと存じますが、今回は、フィリピンの休みについてご紹介いたします。まずは下記の2018年の祝日スケジュールをご覧ください。
 フィリピンでは、年間18日とかなり祝日の日数は多くなっております。また大きく分けて2つのカテゴリーの祝日に分けられます。1つは、フィリピンの建国に関わる祝日。もう一つは、キリスト教徒の多いフィリピン故に、キリスト今日の記念日に関わる祝日が多くなっております。これ以外には、中国(福建省)からの移民が多かったため、他の東南アジアの国々と同様に旧正月も祝日となっております。

   1月1日(月) 元日
   2月16日(金) 旧正月
   2月25日(日) エド革命記念日 ※フィリピンに真の民主主義が確立した日
   3月29日(木) 聖木曜日-Maundy Thursday
   3月30日(金) 聖金曜日-Good Friday
   3月31日(土) 聖土曜日-Black Saturday
   4月9日(月) 勇者の日 ※第2次世界大戦の犠牲者を悼む日
   5月1日(火) レイバーデー
   6月12日(火) 独立記念日
   8月21日(木) ニノイ・アキノ記念日 ※ニノイ・アキノ氏が暗殺された日
   8月27日(月) 英雄の日 ※独立運動の英雄リサールなどを讃える日
   11月1日(木) 万聖節-All Saint’s Day
   11月2日(金) 死者の記念日-All Souls Day
   11月30日(金) ボニファシオ記念日 ※独立運動リーダー・ボニファシオの誕生日
   12月24日(月) クリスマス・イブ
   12月25日(火) クリスマス
   12月30日(日) リザール記念日 ※独立運動の英雄リサールが処刑された日
   12月31日(月) 大晦日


 またスクールホリーデーは下記の通りとなっております。大きな休みは1つとなっております。
   ① 4月初旬〜5月下旬
   ② 10月下旬の1週間

 

 キリスト教徒が多いフィリピンでありますため、クリスマスのある12月に長期休暇を取得して旅行に出るということも一般的です。
 弊社では、上記の各祝日・休みでのフィリピンの方の消費行動を踏まえて、マーケティング計画を事前に立案することをお薦めしております。また、ADBBITを使いました広告展開だけなく、マーケティングリサーチ・PRやマーケティング計画立案の代行もさせて頂いております。是非、お問い合わせくださいます様、何卒宜しくお願い申し上げます。

adbbit.com

 次回は、これまでの各国の休みについて纏めて、広告を打つべき時期について書いてみます。