〜For Bridges’s Blog〜

100年以上継続するブランディングを目指して

現地レポート2: マレーシアのメディアについて(ラジオ編)

f:id:Forbridges:20180504103332j:plain

1: ラジオについて

 交通渋滞の多いマレーシアでは、ラジオはテレビに並ぶ人気メディアになっております。車での通勤率が非常に高く、通勤時の車内にてラジオを聴きながら通勤しており、朝・夕方の通勤ラッシュ時には、様々なローカルブランドからグローバルブランドまで、各言語ターゲットに合わせたラジオ局にて宣伝広告を行なっております。

 ラジオは全部で33チャンネルあり、マレー語、英語、中国語、タミール語の4つの言語および地域毎にて分かれて放送をしております。また、ラジオDJはとても人気があり、ラジオだけの人気に留まららず認知度が高く、多くのイベントにもセレブリティーとして招待を受ける事が多々ございます。

 

2: ラジオチャンネルを利用した宣伝方法について

 マレーシアのラジオチャンネルの大半は、Media Prima, ASTRO Radio, RTMの3つの会社によって運営されております。その3社が、いくつものチャネルを放送をしており、上述の通り、英語・マレー語・中国語・タミール語の4つの言語にてそれぞれ異なるコンテンツの人気チャンネルがございます。また、各地域向けのローカル放送もあり、クアラルンプールをはじめとして、各番組によって各放送エリアが分かれております。そして、イベントやキャンペーンを実施するエリア毎にターゲティングを行い、ラジオ・ウェブ・イベントの3つをクロスした展開を行っている企業様も多くございます。

 またシンガポールと違い、屋外広告も人気のメディアであり、ラジオと屋外広告の連動をした訴求をグローバル飲料メーカーやファーストフードなどのF&B業界などが掲載しており、売り上げ貢献に繋がったとの事例を伺いました。

 

3: ASTRO Radioについて

 マレーシアにて多くの人気番組を持つASTRO Radioへ訪問させて頂きました。

 ASTRO社はケーブルテレビ・ラジオ・雑誌・デジタルメディア・ウェブテレビなどを展開しており、マレーシアではMedia Primaに続く、大きなメディアカンパニーとなります。英語FMチャンネルで人気No.1の”Hits”をはじめ、“mix”, ”Lite”の3つのチャンネルが人気チャンネルとなっており、それぞれターゲット世代に合わせた音楽や情報を提供しており、通勤時の車内だけでなく、オフィスなどにても聞いている場合も多く、多くのリスナーに支持をされております。

 また、マレー語では”Era”, “Sinar”, “Gegar”,”Zayan”の4つの局が人気となっており、ニュースなどの情報からマレー語の音楽まで幅広く放送しております。

 英語・マレー語同様にタミール語においても、”Raaga”が人気であり,中国語では、”Melody”,”My”,”goxuan”の3局が人気を集めております。

 

 “ASTRO Radio”, “Media Prima”と業務提携をしており、現在開発中の“ADBBIT”(2018年6月サービスイン予定)ではこれらの多くの雑誌およびデジタルの広告のお取り扱いをしております。ターゲット世代、性別、言語などからご提案が可能となります。
 下記のフェイスブックページで、現在公開中の媒体情報を掲載しております。今後、本格稼動後に、詳細な日本語のメディアキットをダウンロードして頂けます(有料サービス)。

www.facebook.com

f:id:Forbridges:20180504111359j:plainf:id:Forbridges:20180504111433j:plain