〜For Bridges’s Blog〜

100年以上継続するブランディングを目指して

旅行者の集客をしてみる!

 年々日本への旅行者数は増加の一途を辿っておりまして、2017年度は2,900万人近くまでその数を増やしました。また2020年東京オリンピックが開催されるため、ますます外国人旅行者が増えてくると想定されてます。

 

f:id:Forbridges:20180316105449p:plain

 

 国別で見てみると、1位が中国、2位が韓国、3位が台湾、4位が香港、そしてアメリカと続いております。(出典元:日本政府観光局)

 

f:id:Forbridges:20180316105522p:plain

 

集客のためのツールは!

  1. SNSツール(Facebook, Instagram)
    日本に比べて、SNSの普及率は非常に高くなっております。フェイスブック に関して言えば、台湾-75%、香港-78%、アメリカ-75%となっておりまして、日本との比較では非常に高くなっております。そして、フェイスブックのいいところは、日本に現在来ている旅行者にターゲットを絞って広告を打ったり、使用言語を絞り込んで広告を打てる所にあります。

  2. Tripadvisor (トリップアドバイザー)
    最近では、日本人が日本国内旅行をする際にも活用されることが多くなって来ておりますが、本来は旅行者が他の国に行く際に使われることが前提となっているポータルサイトです。広告枠を購入することもでき、検索順位で上位に存在すれば、当然訪問される確率が増えることになります。

  3. 美団点秤
    中国本土で運用されており、飲食評価サイト+ホテル予約サイト+クーポンサイト+トリップアドバイザーを足して割ったようなサイトとなっており、中国からの旅行者に非常によく使われているサイトになります。こちらも広告枠を購入したり、クーポンを発行することで旅行者の誘致に繋げることができます。

  4. 自社・自ブランドのウェブサイト
    SNSポータルサイトで誘致することができた後に、お客様が自社のサイトに流れ込んでくる可能性は非常に高いです。しかしながら、自社サイトが日本語表記しかないと、直ぐに離脱してしまう可能性が高くなります。そのため、ターゲットとなるお客様が確認できるような言語で閲覧できる形は準備しておく必要があります。

 For Bridges(フォー・ブリッジズ)では、海外からの旅行者の集客についてお手伝いをさせて頂いております。また弊社提携先のあるシンガポールにおいては、現地ウェブ媒体(メデイア)に広告を出稿することも可能です。興味のある方は、一度、お問い合わせを。